不要な着物をより高く買い取ってくれる業者を比較

着物高価買取業者比較ランキング

着物の種類

着物の種類 紬の買取

投稿日:

紬の着物と聞くと、大島紬を思い浮かべる方も多いのではないのでしょうか。着物にあまり詳しくない人でも聞いたことがあるぐらい、大島紬は有名ですね。では、紬の着物は他の着物とどう違うのでしょうか?

普段着用のリーズナブルな着物なのか、高級な着物なのかどちらでしょうか?また紬の着物を買取に出す場合、需要があり高価買取される可能性はあるのでしょうか?紬の着物の買取に関しても疑問におこたえします。

紬の着物の特徴

紬は一般的に、糸をあらかじめ染めてから、その色のついた糸で反物状に織る先染めの着物のことです。白い糸を織って反物にしてから、模様を染める後染めとよばれる紬の着物もあります。後染めの紬の着物は、先染めの紬の着物に比べるとやわらかい肌触りのため、お茶席などによく着用されます。

紬の着物は安い?高級?

紬の着物は、かつては養蚕農家が商品化できない繭糸を使って織られていたので質素なものだと思われていました。江戸時代には身分の低い人が高い着物を着ることを禁じられていたため、紬は庶民の間で一般的に着られる着物でした。

しかし、実は紬はかなり高度な技術で織られていて、現代ではその伝統技術が高く評価され高級な着物というイメージが広がりつつあります。

高価買取される代表的な紬

本場大島紬

大島紬には泥染め・泥藍染め・色泥染め・白泥染め・草木染め・正藍染め・化学染料で染める方法があります。その中でも最も値段が高い紬が泥で染められた紬です。泥染めの本場大島紬は軽くて長持ち、三世代に渡っても着用することのできる着物だと言われています。

結城紬

結城紬は、茨城県や栃木県でつくられ、重要無形文化財にも指定されている着物です。蚕の繭から人間の手でつむいでいるのでとても時間がかかることと、手作業なので丁寧につくられ仕上がりもやわらかいので、着物に仕立てた時に肌触りがよく最高級品とされています。

久米島紬

琉球王国時代の技術で作られた紬で、重要無形文化財にも指定されています。植物染めや泥染めで作られています。繭から糸を作る糸紡ぎ、糸括り、模様の決定、糊張りや染色、それを織り上げるまでの多くの工程を一人の人が手作業で作るのが大きな特徴です。

牛首紬

石川県の白山市で作られる紬です。石川県指定無形文化財に指定されています。

塩沢紬

新潟県南魚沼市で作られる紬で、縦糸と横糸の素材が違うのが特徴です。蚊絣や亀甲絣、十字絣などの絣模様が有名で、生産数がとても少なく幻の紬と呼ばれるほどです。

紬の買取査定

他の着物に比べて、紬の着物は判断がしやすいのが特徴です。着物をあまり着る機会がない人でもこれは紬だと気づくのではないのでしょうか。でも、その紬の着物が大島紬などの有名な紬なのかそうではないのかなかなか判断はつかないですよね。その場合、プロに査定してもらうのが一番いい方法でしょう。紬の着物は一般的な訪問着や色無地などより着こなしが少し難しい着物ですが、その生産数の少なさから希少価値があり、紬の着物は物によってはかなりの高価買取が期待できます。

→紬の着物を高価買取してくれる着物買取業者を探す

-着物の種類
-

Copyright© 着物高価買取業者比較ランキング , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.