不要な着物をより高く買い取ってくれる業者を比較

着物高価買取業者比較ランキング

未分類

着物の種類 留袖と色留袖

投稿日:

留袖には布の色が黒の黒留袖と黒以外の色が付いている色留袖があります。どちらも結婚している女性が着る着物です。未婚の女性の場合は振袖が第一礼装ですが、既婚の女性の場合は留袖が第一礼装になります。

黒留袖と色留袖のちがいをそれぞれ見てみましょう。

黒留袖

黒留袖の特徴

  • 襟先や襟下から前身頃と後ろ身頃の裾の部分にかけてた部分に模様がある
  • 襟・袖口・振り・衽から裾にかけて二重の比翼仕立になっている
  • 染め抜き五つ紋(日向紋)がついている

比翼仕立とは?

染め抜き五つ紋(日向紋)とは?

黒留袖と黒い着物との違いって?

黒留袖は襟先や襟下から前身頃と後ろ身頃の裾の部分にかけて裾模様という模様があります。このように決まった位置に模様がある着物が黒留袖です。同じ黒い着物でも、小紋のように全体的に模様があったり、振袖のように大きな柄が散らばっている着物とは違います。

黒留袖はいつ着るの?

結婚式でよく見かけると思いますが、親族のお母様やおばあさまが黒留袖を着ていらっしゃいますよね。黒留袖は実は結婚式でしかほとんど着ることはありません。特に新郎新婦のお母様やおばあさま、仲人さん、その他の親戚の女性のみが着る着物です。

色留袖

黒色以外の留袖のことを色留袖といいます。つける紋の数で色留袖の格が変わります。 格とは?

染め抜き五つ紋をつけると黒留袖と同格の第一礼装になり、三つ紋や一つ紋をつけると黒留袖よりは一つ下の格の礼装になります。

色留袖はいつ着るの?

色留袖は結婚式や披露宴で着ることが多いです。親族の女性は黒留袖を着るので、それ以外の既婚の列席者が着用する着物です。例えば、新郎や新婦の勤める会社の女社長さんだと、それなりの立場になるので留袖で出席されることもあります。

結婚式や披露宴以外にも、パーティーに着ていくこともでき、黒留袖より幅広い使い方ができます。

留袖の買取って需要はあるの?

留袖は、昔はお嫁に行く前に実家の両親が仕立ててくれるのが一般的でした。今はそんな習慣はあまりないですが、上の世代の方から受け継いだ留袖ならば、そのような時代に仕立てられた上質な留袖がおうちにあるのではないでしょうか。

紋は家によってちがい、留袖には紋が付いているので、リサイクルの着物屋さんで紋付の留袖なんて売れないんじゃないかと思うかもしれませんが、紋をつけかえる方法はたくさんあります。生地に紋を染めている場合は薬剤で紋を抜くことができます。紋が留袖に縫い付けられている場合はもっと簡単で、ほどくだけで紋をはずすことができます。一度査定に出してプロに見てもらうといいでしょう。

→留袖を高価買取してくれる買取業者を探す

-未分類

Copyright© 着物高価買取業者比較ランキング , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.