不要な着物をより高く買い取ってくれる業者を比較

着物高価買取業者比較ランキング

着物の種類

着物の種類 振袖の袖の長さの違い

投稿日:

着物の中で一番華やかで袖が長い着物が振袖です。成人式や結婚式への列席、新婦のお色直しにも使われる未婚女性の一番格の高い着物で、第一礼装です。袖が長いほど格が高くなります。

「振袖」としてひとまとめにしていますが、実は振袖にも種類があり、種類によって格も違うのです。

振袖には袖の長さが3種類ある

大振袖

袖の長さは114cm前後で振袖の中では最も長いタイプです。元々は結婚式での花嫁のお色直しに使われるのが主流でしたが、最近では成人式にも使われるようになっています。五つ紋と、全体的に柄のある絵羽模様というものが大振袖の一番正式な形です。

中振袖

袖の長さは95cm〜1mほどで、成人式に最もよく使われる長さがこの中振袖です。大振袖に次いで未婚女性の格の高い着物です。

小振袖

袖の長さは85cm前後で、あまり市販はされていません。正式な場所にも結婚式にも大振袖や中振袖が使われるので使う機会も少ないのかもしれません。卒業式の袴に合わせて使われることもあります。

振袖の歴史

振袖は袖が長く、動きにくいイメージがありますが、昔は動き回っても大丈夫な着物として使われていました。振袖は袖も長いですが、脇が大きくあいているのでこもった熱を発散させる役目もありました。なので、大人よりも体温が高く動き回る10代の子供達のために作られていました。現代のように成人した女性のお祝いの着物として着る習慣はなかったようです。でも、基本的には若い人が着る着物であるという特徴はいまでも受け継いでいますね。

振袖は高価買取が期待できる?

振袖は、成人式・友人の結婚式を含めても1〜3回ほどしか着る機会がないのでほぼ新品同様の状態で保管されていることが多いです。また、振袖のほとんどが高価買取の期待できる正絹でできていることと、袖が他の着物より長く使われている布の量が多いこともあり高価買取が期待できる着物です。

→振袖を高価買取してくれる買取業者を探す

-着物の種類

Copyright© 着物高価買取業者比較ランキング , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.