不要な着物をより高く買い取ってくれる業者を比較

着物高価買取業者比較ランキング

着物の種類 買取価格の相場

着物の種類 小紋の買取

投稿日:

着物には織った着物と染めた着物がありますが、染めの着物の代表として小紋があります。小紋にもさまざまなランクがあり、合わせる帯や小物によってちょっといいお出かけや普段着にも使うことができます。小紋の着物の特徴と買取に出した場合に高価買取される小紋の種類を紹介します。

小紋の特徴

手書きのものもありますが、ほとんどは型染めの模様が中心です。一面に繰り返しの模様が描かれているのが特徴です。

生地はちりめんやりんずが主流ですが紬地で作られることもあります。

色柄は華やかな京小紋や江戸小紋、加賀小紋・紅型・更紗・絞染めなど色々な種類があります。

小紋の格

小紋の中でも格の高い江戸小紋や加賀小紋であれば、柄によっては一つ紋をつけることで他の小紋より格が上がり、一つ紋の色無地と同じ格の着物になります。

小紋と帯

改まった席で少し格を上げて小紋を着たいときは袋帯を合わせます。染めの着物には織りのの帯が定番でしたが、小紋に染めの帯を合わせる方法も最近では増えてきています。小紋は帯や小物で自由で雰囲気をかえることができるので気軽におしゃれを楽しめる着物です。

高価買取される小紋は?

小紋の中でも特に効果で買取される着物は以下の3つです。

江戸小紋

代表的な江戸小紋の柄に鮫・行儀・角通しという小紋三役という柄があります。鮫柄はその中でも代表的な柄で、浜ちりめんの光沢のある生地に染められた鮫柄が最高級と言われています。少し離れると無地に見えますが、よく見ると細かい鮫文様が染められていて動くとちりめんの光沢が輝き、しっとりとしたやわらかい生地が高級感をひきたてます。鮫柄は錐彫りという伝統的な方法で型紙を彫って染めています。鮫柄には極鮫・中鮫・並鮫があり、その中でも極鮫は型紙の3cm四方に900個以上もの穴をあけて作られているとても細かい模様で、一番格が高いものだとされています。

京小紋

古くから伝わる染色技術を京都の扇絵師である宮崎友禅斎が変更を重ねて生み出したのが京友禅です。花鳥山水などを描いた柄が多いのが特徴です。

加賀小紋

加賀小紋は石川県金沢市で染められる着物です。加賀小紋には、加賀伝統小紋と加賀友禅小紋の二種類があります。加賀伝統小紋は細かい模様を一色で染めたもの。加賀友禅小紋は加賀五彩とよばれるえんじ、藍、黄土、緑、紫の色で型紙を使って染めたものです。

小紋の買取価格

普段着物を着ない場合、この着物が小紋かどうか、この小紋は江戸小紋なのか京小紋なのか加賀小紋なのかさっぱり見分けがつきませんよね。買取業者に依頼してプロに査定をしてもらうと、ただの小紋だと思っていた着物が江戸小紋だったり有名な作家さんの作った小紋だったり、意外に高価な買取価格になることがあります。一度査定をしてみてはいかがでしょうか。

→小紋を高価買取してくれる着物買取業者を探す

 

-着物の種類, 買取価格の相場

Copyright© 着物高価買取業者比較ランキング , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.