不要な着物をより高く買い取ってくれる業者を比較

着物高価買取業者比較ランキング

着物の種類 買取価格の相場

着物の種類 付け下げの買取

更新日:

付け下げは、留袖や振袖に続いて訪問着、その次の格の着物です。訪問着とよく似ていますがどのように違うのでしょうか?

付け下げの特徴

付け下げは訪問着に比べて控えめな柄で上前を中心にした軽い柄付けの着物です。

柄の位置や派手さだけではなく、作り方にも訪問着との決定的な違いがあります。訪問着は着物を仕立ててから絵柄を描きますが、付け下げは仕立てる前の反物の時点で柄が入っています。また、仕立てた時に肩を中心に前後すべての模様が上を向くように描かれています。

訪問着がパーティーなど少しフォーマルな場に着ていく着物なのに比べ、付け下げはもう少しカジュアルな場に気軽に着ていくことができます。

最近は付け下げ訪問着と呼ばれる訪問着に近い格の付け下げもあり柄の少ない控えめなデザインもあるので、付け下げと訪問着の境目がわかりにくくなっています。古典柄の付け下げに一つ紋をつけると格が上がるので、訪問着と同じように着ることもできます。

高価買取される付け下げ

以下のチェックポイントにあてはまれば高価買取される可能性が高い付け下げです。

  • 伝統工芸の紬の付け下げ
  • 新品・未使用 着用回数が少ない付け下げ
  • 保存状態が良い付け下げ
  • 仕立て直しができるように短すぎないサイズの付け下げ
  • 有名作家によって作られた付け下げ
  • 証紙のある付け下げ

昔に仕立てられた付け下げだと、昔の人の小さいサイズ(160cm以下)に合わせて作られていることが時々あります。あまり短い着物だと仕立て直しができないので買取価格が下がってしまう可能性があります。

証紙があるのとないのでは同じ付け下げでも買取価格も大きく変わってきますが、買取査定をしてくれるスタッフはプロなので証紙がなくても有名作家の作品だということを見抜いてくれるので安心です。意外と、有名作家さんの作品が家に眠っていることって結構多いです。一度買取査定に出してみてはいかがでしょうか。

→付け下げを高価買取してくれる業者ランキング

付け下げを実際に買取に出してみた体験談・感想

-着物の種類, 買取価格の相場

Copyright© 着物高価買取業者比較ランキング , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.