不要な着物をより高く買い取ってくれる業者を比較

着物高価買取業者比較ランキング

着物の種類 買取価格の相場

着物の種類 アンティーク着物の買取

投稿日:

アンティーク着物とは、昭和初期以前に作られた着物のことをさします。昭和・大正・明治時代それぞれのアンティーク着物にそれぞれ違った特徴があり、現代にない魅力を持っています。

ここではそれぞれの時代のアンティーク着物の特徴を紹介します。

明治時代のアンティーク着物

明治時代初期は、文明開化によって洋服が初めて着用された時代でした。洋服は身分の高い男性の着るものとされていたため女性は着る機会がなく、その後も身分の高い女性だけが着るものだったので庶民が洋服を着ることはありませんでした。

明治時代前半には、ほとんどの人が幕末から引き継がれた地味な着物を着ていました。明治時代後半になると、西洋の洋服の影響を受け、地味だった着物が少しだけ明るい色になっていきます。

また、着物自体よりも帯に大きな変化がありました。ジャガード織りという技術が導入されたことによって、織られた帯が中心になりました。今までは職人が手で刺繍をする刺繍帯が主流でした。

大正時代のアンティーク着物

明治時代に洋装が日本に入って来たとは言え、着物への影響はごくわずかでしたが、大正時代に入って一気にその影響を受け着物は大きく変化しました。

明治時代のような渋い地味な色の着物が少なくなり、あでやかな色の生地に大きな花が描かれたものや油絵のような風景がが描かれたもの、斬新な抽象的な柄が描かれたものなど、今までにない着物が作られるようになりました。

手書きの着物の他にも織りの着物にも大きく変化がありました。幾何学模様の縞や

銘仙はNHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」の中でもよく着用されていました。当時は若い女性の間で人気の着物だったようです。

大正ロマンと呼ばれる着物はこのような斬新な柄の大正時代のアンティーク着物のことです。明るく華やかでモダンな柄が特徴です。

昭和時代のアンティーク着物

ヨーロッパのアール・ヌーボ様式や抽象的でモダンな美のアール・デコ様式の影響を大きく受けた大正時代の着物が更に成熟し、海外の影響を受けただけでなく日本の美として完成させていきました。

昭和時代はアール・デコの影響を受けた明るくモダンな幾何模様の着物が「昭和モダニズム」と呼ばれ大流行した時代でした。

また、華やかな着物を着ていた元禄を中心とした江戸時代の流行を振り袖や打ち掛けに取り入れたことで、江戸時代のリバイバルが起こりました。

明治から大正にかけて着物は華やかになっていきましたが、昭和には更に、友禅の華やかな模様も取り入れられ、より華やかな着物が好まれるようになりました。

戦争の始まる昭和15年以降は贅沢が禁止されていたので、このような華やかな着物を着ることができませんでしたが、それまでは刺繍や絞りの技術も発達し、豪華な着物が人気の時代でした。

-着物の種類, 買取価格の相場
-

Copyright© 着物高価買取業者比較ランキング , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.